アイキャッチ

webライティング

webライターとして稼ぐために必要な3つのこと(誰でもできます)

スポンサーリンク

webライターとして仕事をするからには稼ぎたいですよね!では、あなたは稼ぐために必要なことを正しく実践できていますか?

本記事では、副業webライターとして月10万円以上を稼ぐ筆者が『webライターとして稼ぐために必要な3つのこと』をご紹介します。記事を読むことで、webライターで稼ぐためのポイントを理解することができ、あなたのwebライター収入をさらに増やすことが可能です。

すべて筆者が実践している内容であり、今日から始められる簡単なものばかりです。webライターとしての収入を上げたいと感じている方は、ぜひご覧ください。

なお、本記事では、クラウドソーシングサイト利用を前提にご説明しています。

▼クラウドソーシングサイトがわからない方はこちら!
webライターを始めるために必要なもの(これだけでOK)

webライターとして稼ぐために必要な3つのこと

複数の固定クライアントを持つ

握手

webライターとして安定的に稼ぐためには、複数の固定クライアントを持つ必要があります。高単価で発注数が多いクライアントが1社あったとしても、仮に仕事が打ち切りになった場合、収入源がすべて途絶えてしまいます。

複数の固定クライアントを持つためには、多くの案件にどんどん提案しましょう!正直、webライターの提案は『落ちてナンボ』の世界です。高単価の人気案件ともなれば、なおさらです。

そのため、落選しても気を落とすことなく、新しい案件を獲得しようとする姿勢が大切です。根気よく続けていれば、かならず合格を勝ち取れる案件が出てきます。

クラウドソーシングサイトは頻繁に新着案件が更新されます。そのため、可能であれば毎日、難しければ2〜3日に1回はサイトをチェックするようにして、良さそうな案件は即提案しましょう。この動きを習慣化することで、自然とクライアント数は増えていきます。

仕事が決まったあとは、クライアントとの信頼関係を築けるように、丁寧なコミュニケーションと高品質な記事執筆を心がけてくださいね。

▼提案文の書き方はこちらを参考に!
【提案文例つき】ランサーズで受注率を上げるためのポイント

クライアントに単価交渉をする

交渉

webライターの報酬は『文字単価』や『記事単価』で決まります。そのため、クライアントに対して単価交渉をすることで、あなたの収入を上げることができます。積極的に単価交渉を行なっていきましょう。

ただし、初期段階の単価交渉はNGです。あなたがクライアントの立場で考えてください。例えば、まだ1本しか記事を納品していないのに「単価を上げて欲しい」と相談されたら、どう感じますか?

「いや、もう少し書いてから言えよ」と思いますよね?そのため、単価交渉はあなたが実績をつくって、クライアントとの信頼を構築してから行なうようにしてください。最悪の場合、仕事を失うリスクもあるので、タイミングは慎重に見極めないといけません。

『記事納品が20本以上』または『契約開始から3ヶ月以上』を目安として、単価交渉をすると良いでしょう。単価交渉はwebライターの収入に直結する部分なので、稼ぐためには欠かせない重要なポイントです。

ライティングのスピードを上げる

ライティング

webライターとして稼ぐためには、ライティングのスピードも大切です。記事を早く書くことができれば、それだけ多くの案件を受けることができ、結果的に収入も増えるからです。

はじめに、あなたの現状を把握しましょう。『1時間で何文字かけるか?』を計測してください。その結果を基準として、スピードを上げるために工夫していきます。例えば、以下のような内容です。

  • 文章の前に記事構成を考える
  • ライティングに集中できる環境をつくる
  • 特定のひとり(ペルソナ)を明確化する

この記事では割愛しますが、ライティングのコツは別記事にまとめています。詳しく解説していますので、ぜひご参照ください。

▼webライティングのコツはこちら!
webライティングのコツ20選!読みやすい文章を短時間で書くテクニック

まとめ

稼ぐ

webライターとして稼ぐために必要な3つのことをご理解いただけましたか?「当たり前じゃん」と思う内容かもしれませんが、意外と実践できていない人が多いのも事実です。

改めて、記事のポイントをまとめておきます。

★稼ぐために必要な3つのこと
1.複数クライアントを確保して安定を得る
2.積極的に単価交渉を行ない報酬額を上げる
3.ライティングスピードを上げてキャパを広げる
会社員とは異なり、webライターは自分で仕事を取りに行かなければ稼げない職業です。逆に言えば、積極的に行動することで、収入は右肩上がりに増えていきます。

特にwebライターを始めた直後は大変だと思いますが、つらい時期を乗り越えれば、楽しくwebライターとして稼げる日がやってきます。モチベーションを落とすことなく、まずは本記事の内容を実践してみてくださいね。

スポンサーリンク

ほっしー

IT企業のwebマーケ担当。年間100本以上のメディア記事を監修。副業webライター兼ブロガー。海を愛する神奈川在住の30代(1児のパパ)。

-webライティング

© 2021 ほしブログ