作業

webライティング

webライターに向いている人の5つの特徴とは?

スポンサーリンク

webライターを始めたいと思っているけど、僕にできるんだろうか?どんな人がwebライターに向いてるのか知りたいな。

最近ではwebライターの仕事を始める人が増えてきましたね!webライターは、特別なスキルは必要ありませんが、人によって向き不向きがあります。

本記事では、webライターに向いている人の5つの特徴をご説明します。記事を読むことで、あなたがwebライターに向いているのか?を知ることができます。

現役webライターとして活動している筆者が、自分の実体験をもとにイメージしやすくお伝えします。ぜひ、最後までご覧ください。

▼webライターってなに?という方はこちら!
【初心者向け】Webライター副業のススメ(月5万は稼げます)

webライターに向いている人の5つの特徴

文章を書くのが好き

ライティング

webライターの仕事は、名前通り『web上で文章をライティングすること』です。読者に伝えたいことを、あなたの言葉でわかりやすく表現することが求められます。『文章を書くのが好き』という人には、webライターはピッタリの職業だと言えるでしょう。

記事内容にこだわらない

自由

webライターの場合、記事内容はクライアント(仕事の発注元)の指示に沿って執筆するのが一般的です。言い換えると、あなたの好きなテーマを自由に書くことはできない、ということです。

そのため、記事内容に強いこだわりを持たずにクライアントに合わせた柔軟な対応が求められます。「縛られずに自由に書きたい」という人は、webライターは適していません。ブログ運営などで、ご自身の考えを発信するのが良いでしょう。

▼こちらも参考に!
【徹底比較】ブログ運営とwebライターはどっちがオススメ?

忍耐力がある

忍耐力

webライターとして書き上げた記事は、最終的にクライアントによるチェックを行ないます。案件により差はありますが、ほとんどの場合、構成や文章に対する指摘・修正が入ります。多いときは、5回以上の修正を繰り返すことも珍しくありません。

そのため、webライターには忍耐力が必要です。あなたは良いと思っている文章でも、記事を依頼しているクライアントの判断が優先されます。指摘を素直に受け止め、誠実に修正を繰り返していくことが大切です。

計画性がある

カレンダー

webライターは、決められたテーマ・文字数の記事を納期までに仕上げる必要があります。記事執筆は1人で進めるケースがほとんどなので、計画性をもって作業することが求められます。

宿題のように、前日夜にやればOK!という訳にはいきません。『タイトル』『構成』『文章』など、さまざまな要素を「いつまでにこれをやる!」と計画的に考えながら、クライアントと密に連絡を取りつつ、記事の執筆を進めていきます。

専門知識がある

医者

webライティングにおいて、専門知識はとても強い武器になります。なぜなら、専門知識は他の人が持っていることが少なく、あなたしか知らない貴重な情報だからです。

『法律』『心理学』『ゲーム』など、ジャンルは問いませんが、専門分野を持っている人は、webライターに向いている、と言えるでしょう。専門性を発揮できる案件を選ぶことも大切ですね。

まとめ

ライター

webライターに向いている人の特徴を理解できましたか?改めて、記事のポイントを再度まとめておきます。

★webライターに向いている人の特徴
1.文章を書くのが好き
2.記事内容にこだわらない
3.忍耐力がある
4.計画性がある
5.専門知識がある

webライターは特別なスキルは必要なく、誰でも気軽に始められる人気の職業です。ただ、だからと言って簡単に稼げる訳ではありません。webライターとして働くのであれば、あなたがwebライターの適性を持っているのか?を事前に見極めましょう。

webライティングは、社会のあらゆるシーンで使える重要なスキルですし、長期的にwebライターを継続することで、収入も右肩上がりに増えていきますよ!

▼webライターいいかも?と思った方は、こちらもご覧ください!
webライターを始めるために必要なもの(これだけでOK)

スポンサーリンク

ほっしー

IT企業のwebマーケ担当。年間100本以上のメディア記事を監修。副業webライター兼ブロガー。海を愛する神奈川在住の30代(1児のパパ)。

-webライティング

© 2021 ほしブログ