書籍

ビジネス雑記

自己成長を実現するための正しいインプット方法とは?

スポンサーリンク

ビジネスにおいて、インプットは大切です。新しい知識やノウハウを学ぶことで、次のステージへの扉を開くことができます。

ただ、過去の僕はインプットの方法を間違えていました。自己成長に繋がるインプットができていなかったんです。

 

インプットするためには時間を使いますよね?場合によっては、有料教材を購入するケースもあります。

時間とお金をかけたのに何も得られない。これ、ものすごく勿体ないと思いませんか?

 

過去の僕は、正しいインプットの方法を知らずに、時間とお金を浪費していたんです。

もし、あなたが過去の僕と同じことをしていたら、今すぐに方向修正して欲しい。そんな思いを込めて、この記事を書きました。

 

この記事を読むことで、正しいインプットの実践方法が理解でき、あなたの自己成長に繋げることができます。

 

こんな方にオススメ

  • 自分のインプット方法が正しいのかわからない
  • 自己成長に繋がる正しいインプット方法を知りたい

 

ほっしー
誰でも実践できる簡単な内容です!

 

インプットとは?

インプット

ビジネスにおけるインプットとは、『知識を得る』『体験する』という意味です。書籍、youtube、セミナーなど、インプットするための方法はたくさんあります。

では、あなたがインプットをする目的はなんですか?そう、成長するためですよね。ただ知識を吸収するだけでは、ノウハウコレクターになってしまいます。

 

大切なのは『インプットは成長するための手段』という意識を忘れないことです。ブレない軸を持つことで、インプットの効果を最大化することができます。

 

ほっしー
手段が目的にならないように!

 

自己成長に繋がるインプット方法

インプットにおける3つのフェーズ

インプットは以下3つのフェーズに分けられます。知識を吸収し、自分の頭で理解し、実践することで、初めて成長に繋がります。

インプット

 

さて、ここで考えてみてください。あなたは普段、どのフェーズまでをインプットだと捉えていますか?

実は、『フェーズ2:理解』までがインプットと考えている人が多いです。知識を吸収して、頭の中で理解しただけで、満足してしまうんですね。

 

でも、それは間違いです。インプットを自己成長に繋げるためには、『フェーズ3:実践』が必要になります。言い換えると『アウトプット』という表現が適切ですね。

 

インプットとアウトプットはセットで考える

インプットの目的は自己成長です。さらに深掘りすると、インプットをすることで今まで以上の成果を出したい、ということですよね?

教材で知識を得ただけでは、あなたのビジネスが好転することはありません。学んだことを実践する必要があります。

 

つまり、インプットしただけでは何も変わらず、アウトプットして初めて未来は変わる、ということです。

『インプット』という言葉の意味に惑わされず、必ずアウトプットとセットで考えるようにしてください。

 

本章では、自己成長に繋がるインプット方法をご紹介しました。改めてポイントをまとめておきます。

  • インプットの3ステップ(吸収→理解→実践)
  • 未来を変えるためには実践が必要
  • インプットとアウトプットはセットで考える

 

ほっしー
成長にはアウトプットが不可欠!

 

インプットのよくあるNG例

最後に、インプットのNG例をフェーズごとにご紹介します。多くの人がミスをするポイントなので、注意してくださいね。

 

吸収フェーズ:インプットが目的になる

本

過去の僕がそうだったのですが、インプット自体が目的になることは避けてください。

例えば、書籍を読んだり、youtubeで学習していると『私は学んでいるぞ!』と満足した気持ちになることがありませんか?

 

残念ながら、それは自己満足でしかありません。インプットを自己成長に繋げることが本質なので、ただ情報を目や耳から流しているだけでは、まったく意味がないんですよね。

吸収フェーズでは、学んだことを頭に叩き込むことが大切です。とは言え、人間はそこまで優秀ではないので、一度で完璧に記憶できるはずがありません。

 

良いと思った部分はメモに書き出すURLをブックマークしていつでも開ける状態にしておく、などの工夫が大切です。手段と目的を混同しないように気を付けてください。

 

理解フェーズ:主観的に拡大解釈をする

脳みそ

一般的に、インプットした情報を理解するのは難しいです。あなたは、新しい知識を得るためにインプットをしますよね?

そのため、大前提として、インプットされた情報はあなたの得意分野ではありません。

 

そこで気を付けて欲しいのが、主観的な拡大解釈をしない、という点です。

要は、理解できない部分があったときに「多分こうだろうな」と勝手にわかったつもりになる、ということですね。

 

せっかくインプットをしたのに、間違った内容で解釈してしまうのは本末転倒です。

大変かもしれませんが、完全に腹落ちして理解できるまでは、何度も見返してください。

 

読み返してもわからなければ、周りの人に意見をもらうなど、徹底的にインプットした情報を理解することに努めてください。

正しい情報のインプットが、結果的にあなたの自己成長に繋がります。

 

実践フェーズ:PDCAを回さずに終わる

PDCAサイクル

記事前半で、実践することの大切さをお伝えしました。

実践すること自体は素晴らしいのですが、そこで終わらないようにしてください。

 

多くの人は、実践しただけで満足してしまいます。でも、実践したということは、当然何かしらの結果を得られますよね。

その結果を分析して、次のアクションに繋げていくことが大切です。

 

  • 成功した→成功要因は何だろう / どうすれば更によくなるかな
  • 失敗した→失敗要因は何だろう / どうすれば改善できるかな

 

このように、インプットした知識を実践して、得られた結果を踏まえて次の行動に移りましょう。

このPDCAサイクルを回し続けることで、確実に成長することができます。

 

アウトプットこそ最強のインプット方法

まとめ

自己成長に繋がるインプット方法をご理解いただけましたか?

知識を吸収するだけでは、あなたの成長には繋がりません。以下、ポイントをまとめておきます。

 

自己成長に繋がるインプット方法

・3つのフェーズ(吸収→理解→実践)
・未来を変えるためには実践が必要
・インプットとアウトプットはセットで考える

 

そして、各フェーズごとにミスしやすいポイントが存在します。気をつけてください。

 

よくあるNG例

・インプット自体が目的になる
・主観的な拡大解釈をしてしまう
・実践後のPDCAを回さない

 

記事を参考に、正しいインプット方法を身に付けて、積極的に実践していきましょう。

あなた自身の成長に繋がるとともに、新しい景色が見えてくるはずですよ!

スポンサーリンク

ほっしー

IT企業のwebマーケ担当。年間100本以上のメディア記事を監修。副業webライター兼ブロガー。海を愛する神奈川在住の30代(1児のパパ)。

-ビジネス雑記

© 2021 ほしブログ