アイキャッチ

Twitter運用

Twitterの攻略法とは?反応が良かったツイートTOP3!

スポンサーリンク

突然ですが、あなたはTwitterを戦略的に運用していますか?『Yes』と答えた方は素晴らしいです。僕は、今までTwitterの戦略を考えたことがありませんでした。

この前、ふと思ったんですよ。「何も考えずにTwitterやっていて良いのかな?」と。もちろん、Twitterは楽しいツールですし、思い浮かんだことを呟けば、それでOKという考え方もあります。

ただ僕の場合は、ブログのアクセスを伸ばすためにTwitterに登録しています。そのため、単に楽しむだけでは、目的は果たせないんですね。

そこで、自身の過去ツイートを振り返り、分析することにしました。本記事では、実際に僕が呟いたツイートの中から、反応が良かったものをランキング形式でご紹介します。

単なるランキング紹介だけではなく、反応が良かった理由まで、踏み込んで分析しました。この記事を読むことで、多くの方々に反応してもらえるツイートの特徴を理解することができます。

Twitterを運用されている方は、ぜひ参考にしていただければ幸いです。

★記事を読んで欲しい人
・戦略を持たずに感覚だけでTwitterを運営している
・多くの方々に反応してもらえるツイートを作りたい
★記事を読むメリット
・たくさんの反応をもらえるツイートの特徴がわかる
・ポイントを実践することで効果的なTwitter運用ができる

筆者のTwitter歴

僕がTwitterに登録したのは、2020年7月22日です。本記事の執筆時点で、約1ヶ月半が経過しました。現在のツイート数、フォロー数、フォロワー数は、以下の通りです。

プロフィール

まだまだ、サンプル不足かもしれませんが、何事もPDCAを回すことが大切です。1436ツイート中のTOP3なので、一定の信憑性はあると思っています。

 

★筆者のTwitterステータス
・ツイート数:1436
・フォロー数:507
・フォロワー数:496
→つまり、本記事では1436ツイート中のTOP3を発表

反応が良かったツイートTOP3!

『反応が良かった』というのは曖昧ですね。Twitterでは、多くの方々にツイートを届けることが大切なので、本章では『インプレッションが多かったTOP3』を発表します!

本質的にはエンゲージメントが大切ですが、今回ご紹介する3つのツイートは、インプレッションに比例して、エンゲージメントも高い数値を残すことができています。

第3位:Google検索で1位獲得

 

Google検索で初めて1位を獲得したときの喜びツイートです。インプレッションは1,000を超え、エンゲージメント率も10%以上を記録することができました。

インプレッション

 

第2位:webライター冥利に尽きる

 

クライアントから嬉しいメッセージをいただいたときの喜びツイートです。インプレッションは2,000を超え、たくさんの方々から『いいね』『祝福リプ』をいただくことができました。

インプレッション

 

第1位:ブログ投稿(有名ブロガー分析記事)

 

ブログ記事の投稿ツイートです。インプレッションは断トツの約4,000!たくさんの方々が、ツイートを経由して、ブログ記事や僕のTwitterプロフィールにアクセスしてくれました。

インプレッション

 

★反応が良かったツイートTOP3
第1位:ブログ投稿(有名ブロガー分析記事)
第2位:webライター冥利に尽きる
第3位:Google検索で1位を獲得

 

さて、僕の過去ツイートの中から、反応が良かったツイートTOP3をご紹介しました。

反応が良いのは嬉しいことですが、大切なのはここからです。『なぜ反応が良かったのか?』を分析しないことには、成長はありません。

Twitter攻略法?好反応の理由を分析

前章でご紹介した3つのツイートに対して、反応が良かった理由を分析しました。いくつかのポイントに分けて、ご説明します。

Twitter利用者は仲間意識が強い

仲間

Twitterを利用している方々は、とても仲間意識が強いですよね?例えば、ブロガー、webライター、youtuberなど、自身と同じジャンルで活動する人は仲間と見なして、応援する傾向があります。

今回、『Google検索1位』『webライター冥利』の反応が良かったのは、Twitter登録者の仲間意識が大きく関係していると思います。

 

つまり、自分と同じくブロガー・webライターとして頑張っている人が、目に見える形での成果を出したとき、無条件に「おめでとう!」と祝福したくなる心理状態が生まれる、ということです。

これは僕自身にも当てはまります。例えば、一度も関わったことがない方だとしても、『 Google Adsense合格しました!』というツイートを見ると、つい『いいね』『リプ』を返してしまいます。

 

そのため、あなたが『努力が報われた』『何かしらの結果が出た』という体験をした場合は、積極的にツイートでフォロワーに知らせましょう。Twitterに登録している方々は、本当に前向きで優しい人ばかりです。

あなたのツイートを見れば、必ず成功をともに祝ってくれますし、たくさんの反応をいただけることでしょう。

ツイート内容とフォロワー属性がマッチしていた

マッチ

TOP3のツイートすべてに共通することですが、ツイート内容とフォロワー属性がマッチしていたことは、好反応の大きな要因だと思っています。僕のフォロワーの方々は、ブロガーやwebライターが大多数です。

例えば、僕のフォロワーでブログ運営をしている方が居なかったら、どうなるでしょうか?『Google検索で1位』とツイートをしたところで、「ふーん。何それ?」で終わりますよね。きっと、良い反応は期待できないと思います。

 

つまり、あなたが『ツイートで発信する内容』『フォロワーの属性』がマッチしているのか?をチェックする必要があります。

 

  1. あなたのTwitterアカウントがターゲットとする属性は?
  2. ターゲット属性の人たちをフォロワーにできているか?
  3. フォロワーが関心のあるコンテンツをツイートできているか?

 

このように、順序だててTwitterアカウントのブランディングを考えることで、より効果的にTwitterを運用することができます。

言い換えると、ブランディングができていなければ、いくらフォロワーを増やしたところで、思うような反応は得られないということです。

インフルエンサーの影響力が大きく作用した

第1位に輝いた『ブログ投稿ツイート』に関しては、正直アフィラさんのお陰だと思っています。僕がツイートした数時間後にアフィラさん(フォロワー3.3万人)がリツイートしてくれたんですよね。

リツイート

 

アフィラさんのリツイート直後から、インプレッションは一気に上がり、たくさんの方がTwitter経由で記事にアクセスしていただきました。

この体験を通じて、インフルエンサーと呼ばれる方々の影響力を、身を持って体験することができました。

 

アフィラさんのご好意でリツイートしていただき、結果として多くの方々に情報を届けることができました。アフィラさんには本当に感謝しています。(もちろん、記事掲載をご承諾いただいたヒトデさんにも大感謝です!)

 

フォロワー数万人規模の方々とは、普段なかなか接することはできませんが、もし機会があれば、積極的に行動するべきだと思います。ちなみに僕がアフィラさんに送ったDMは以下の内容です。(アフィラさんからの返信内容は掲載を控えます。)

DM

お忙しいはずなのに、1時間以内にすぐに返信をいただきました。やっぱり、仕事ができる人ってスゴイ。

 

★好反応を獲得できた理由
・フォロワーの『仲間意識』が強く影響した。
・ツイートとフォロワー属性がマッチしていた。
・インフルエンサーの影響力が大きく作用した。

まとめ

twitter

本記事では、僕の過去ツイートの中から『反応が良かったツイートTOP3』をご紹介しました。

★反応が良かったツイートTOP3
第1位:ブログ投稿(有名ブロガー分析記事)
第2位:webライター冥利に尽きる
第3位:Google検索で1位を獲得

 

そして、要因分析した結果が以下の通りです。『Twitter攻略法』と呼ぶには大げさかもしれません。でも、Twitterを運用していく上で、どれも大切な要素だと思っています。

★Twitter運営で大切なこと
・Twitter登録者は仲間意識が強い。積極的に成果報告を。
・アカウントブランディングで最適なフォロワー選定を。
・チャンスがあるならインフルエンサーとの接点は大切に。

 

この記事があなたのTwitter運営に少しでもヒントになれば、とても嬉しく思います。

 

▼こちらの記事も参考に!
年収1,000万のサラリーマンがTwitterで価値観激変した話
ブロガーは要注意!Twitterに潜む落とし穴とは?

スポンサーリンク

ほっしー

IT企業のwebマーケ担当。年間100本以上のメディア記事を監修。副業webライター兼ブロガー。海を愛する神奈川在住の30代(1児のパパ)。

-Twitter運用

© 2021 ほしブログ