アイキャッチ

ブログ運営

【徹底比較】ブログ運営とwebライターはどっちがオススメ?

スポンサーリンク

ブログ運営とwebライターって、なんか似てるよね。結局どっちがオススメなの?自分に合ったスタイルを見つけたい。誰か、わかりやすくブログ運営とwebライターの違いを教えて!

そんな、あなたのお悩みを解決します!

『ブログ運営』と『webライター』。どちらも人気の副業ですよね♪
中には、ブログ運営やライターを専業として、生計を立てている方もいらっしゃいます。

では、あなたは2つの違いを説明できますか?
なんとなく、同じようなイメージを持っているのではないでしょうか。

本記事では、ブログ運営とwebライターの違いをわかりやすくご説明します。

副業として、『ブログ運営』と『webライター』をどちらも実践しています。
そのため、両方の観点から、具体的な内容をお伝えできると思います(^^)//

この記事を読むことで、あなたにはどちらが合っているのか?が明確になります。
また、僕の実体験も記事に盛り込みましたので、より具体的なイメージを持って、今後の方向性を検討できると思います。

ぜひ、最後までご覧ください♪

▼この記事を読むメリット
・ブログ運営とwebライターの違いがわかる
・あなたにはどちらが合っているか?が明確になる
・筆者の体験談で具体的な考え方がイメージできる

結論:何を求めるか?でオススメは変わる

結論

まずは結論をお伝えします。

あなたが何を求めるか?でオススメは変わります。

ガッカリさせてしまったら、ごめんなさい。
ちゃんと説明するので、もう少し読んでくださいね。

以下のようなイメージで捉えると、わかりやすいかと思います。

★ブログ運営がオススメな人
・すぐに収入を得られなくても良い
・自分が好きなテーマで記事を書きたい
・将来的には月100万円以上の収入を目指したい
★webライターがオススメな人
・すぐに収入が欲しい
・記事内容は指定されている方が良い
・月100万円以上は求めないので安定して稼ぎたい
ざっくり、こんな感じですね。
このように考えておけば、おおむね間違いありません。

その理由は、ブログ運営とwebライターの特性の違いにあります。
次章以降で、詳しくご説明します。

ブログ運営とwebライターの収入源の違い

収入源

ブログ運営:広告収入

ブログ運営の収益は、主に広告収入で成り立っています。
有名なもので言うと、以下の4パターンですね。
Google Adsense 広告クリック数に応じて報酬が発生
Amazonアソシエイト 広告クリックした人がAmazonで商品を購入すると報酬が発生
楽天アフィリエイト 広告クリックした人が楽天で商品を購入すると報酬が発生
ASPアフィリエイト 広告クリックした人が特定条件を満たした場合に報酬が発生
※案件ごとに条件や報酬額は異なる。

つまり、ブログ運営の収益は、記事内に設置した広告リンクが起点となり、読者がリンクを踏んだり、商品購入した場合に、広告主からブログ運営者に報酬が支払われる、という流れになります。

webライター:クライアント報酬

webライターの収益は、クライアント(依頼主)からの報酬になります。
webライターの仕事は、クライアントに求められている記事を書くことです。

つまり、書いた文章自体が商品であり、納品した記事に対して報酬が支払われます
webライターの世界には、文字単価という概念があり、一般的には『文字数×○円』で計算されることが多いですね。

例:文字単価1.2円で5,000文字の記事を書いた場合
→『報酬額 = 1.2円/字 × 5,000字 = 6,000円』となります。

即金性の違い

即金性

ブログ運営:長い時間を要する

ブログで月1万円以上を稼ぐためには、どんなに短くても3ヶ月は掛かります。
場合によっては、1年以上ブログ収益が数百円というケースも珍しくありません。

ブログで稼ぐためには、読者に広告をクリックしてもらう必要がありますが、開設したばかりのブログにはアクセスが集まりません。
詳しいことは割愛しますが、開設から日が浅いブログは、Google検索で上位表示されない仕様になっているんですね。

そのため、一定期間が経過して、ブログに人が集まってくるまでは、一切稼ぐことができません
それでもコツコツと記事を書き続け、試行錯誤を繰り返しながら、ブログを運営していく必要があります。

webライター:すぐに収益が発生

ライターは記事を書けば、すぐに収益(報酬)が発生します。
最近ではクラウドソーシングサイトの案件も充実しているので、仕事に困ることはないでしょう。

実際、僕もクラウドソーシングサイトに登録した初月で3万円を稼ぐことができました。
あなたが書く記事自体が商品なので、執筆が終わればすぐにお金になる点は、webライターの大きなメリットですね。

収益性の違い

収益性

ブログ運営:どこまでも青天井で稼げる

ブログ運営の収入源は記事内の広告収入です。
ブログへのアクセスが増えて、広告がクリックされればされるほど、収益額は大きくなります。

しかも、ブログは一度作ってしまえば、いつでも誰でも見れる状態になるので、あなたが寝ている間も働いてくれるんですね。
つまり、軌道に乗ってくると、広告収入が不労所得的に手に入るようになり、その金額は際限なく上がっていきます

実際、有名ブロガーのマナブさんのように、月数百万円をブログで稼いでいる人もたくさんいます。
だからこそ、「ブログは夢がある」と言われており、これが多くの人がブログに取り組んでいる理由なんですね。

webライター:稼げる金額に限界がある

webライターの場合、納品した記事に対する報酬なので、あなた自身が手を動かす必要があります。
そのため、収益性は青天井という訳にはいかず、可能な作業量との兼ね合いで限界を迎えます

目安としては、1人で稼げる金額の限界値は、月50万円が現実的なラインでしょう。
ただし、他のライターと協力してチームを作ったり、ものすごく高単価な案件を受注できれば、月100万円以上も十分に可能です。

記事内容の違い

記事内容

ブログ運営:自分で決める

ブログ運営の場合、記事内容を決めるのはあなた自身です。
  • 競合が少ない分野
  • 自分の強みを発揮できる分野
  • 世間のトレンドになっている分野

など、あらゆる情報を分析しながら、自分でコンテンツを考えていきます。
自由に記事を書けるメリットはありますが、ゼロから考える必要があるため、負荷が大きいとも言えますね。

webライター:依頼主の意向

webライターの場合、記事内容を決めるのは仕事を依頼しているクライアントです。
タイトル、キーワード、構成など、クライアントの意向に沿って記事を書くため、自由度は低いと言えるでしょう。

一方で、記事の全体イメージは出来上がっているため、ゼロから構成を考える必要はありません。
余計なことを気にせずに記事執筆に集中できる、という点では、webライターに軍配が上がります。

 

さて、ブログ運営とwebライターの違いについて、説明してきました。
長くなってしまったので、ここまでを一旦まとめておきましょう。

ブログ運営 webライター
収入源 広告収入 クライアントからの報酬
即金性 収益発生までに時間がかかる
※早くても開始3ヶ月〜
すぐに収益が発生する
※開始当月から数万円も可能
収益性 際限なく稼ぐことができる 稼げる金額に限界がある
記事内容 自分で考える クライアントが指定する

このように、ブログ運営とwebライターはまったく異なるものだと、ご理解いただけましたよね。
一方で、この2つに共通する点があることに気付きましたか?

次章では、ブログ運営とwebライターの共通点をご説明します。

ブログ運営とwebライターの共通点

記事を書く

ブログ運営とwebライターの共通点は『読者のために記事を書くこと』です。

ブログ運営の場合は、読者に読んでもらうために、有益な記事を書く必要がありますよね?
webライターの場合は、クライアントのために記事を書きますが、本質的には「クライアントが公開するあなたの記事」をみる読者のために書いている、ということです。

つまり、どちらも読者のために記事を書いている点は同じなんですね。
僕はこの事実に気付いてから、『ある行動』をすぐ実行に移しました。

その行動とは何か?次章で、僕の実例をご紹介します。
ブログ運営とwebライターのどちらが良いか迷っている方には、ぜひオススメしたい内容です。

体験談:ブログとライターは両方やるべき

ひらめき

結論は見出しの通りですね!
僕は、ブログ運営とwebライターを両方やることをオススメします。

何故そう思うのか?僕の体験談を元にご説明します。

webライターとして副業スタート

僕の本業は会社員であり、2020年5月から、クラウドソーシングサイトでwebライターとしての活動を始めました。
『3ヶ月以内に月10万円』を目標としていたので、即金性のあるwebライターを選びました。

webライター業は順調に進み、開始1ヶ月で3万円、2ヶ月目で5万円、3ヶ月目で10万円を達成することができました。

▼webライター関連はこちらも参考に!
webライターを始めるために必要なもの(これだけでOK)
【初心者向け】Webライター副業のススメ(月5万は稼げます)

webライターと並行してブログ開設

webライターとして活動する一方で、大きな資産を築くための方法として、ブログに興味を持つようになりました。
とはいえ、安定した収入を得るためにはwebライターを辞める訳にはいきません。

そこで、webライターは継続しつつ、並行してブログ運営を始めることにしました。
『読者のために記事を書く』という意味では、本質的に同じことだと気付いたからです。

ブログ運営とwebライターは相性抜群

両立を始めて感じたことは「ブログ運営とwebライターは相性抜群!」ということ。

『読者のために記事を書く』という共通点があるので、学んだスキルをもう一方に活かせるんですよね。

加えて、webライターの仕事は、SEO対策が目的の案件が多いです。
そのため、webライターとして活動していると、SEOを自然と学べるんですよね。

★SEOってなに!?という方への説明
ざっくり言うと、『Google検索で上位表示させるためのテクニック』です。
ブログ運営ではSEOが重要であり、アクセス数や収益に直結する要素です。

僕が書いた記事に対して、クライアントから「もっとこうして欲しい」というフィードバックをもらいますが、それこそがSEOテクニックそのものなんです。

何故なら、クライアントはSEO対策のために記事執筆を依頼している訳なので。
つまり、webライターとして働くことで、記事に対する報酬をもらえると同時に、SEOを無料で学ぶことができるんですよ。

とても効率的だと思いませんか?

ブログ運営とwebライター両立の日々

ブログ運営とwebライターを両立することは、もちろん楽なことではありません。
2つ同時に進めるためには、効率的かつスピーディーに作業していく必要があります。

僕の場合、本業は会社員として働いていますし、家では0歳の娘の育児も待っているので、なかなか時間をつくることができません。
そんな忙しい中でも継続できているのは、大変な反面、それだけ得られるメリットが大きいと感じているからです。

自分の成長を実感できて楽しいですし、ブログ運営とwebライターをどちらも経験すると視野が広がります
ブログかライターかで迷っている方には、自信を持って「両方やると良いよ!」と強く伝えたいですね。

まとめ

まとめ

さて、いかがだったでしょうか。

ブログ運営とwebライター、あなたはどちらに魅力を感じましたか?
価値観は人それぞれなので、あなたに合ったものを選んで欲しいと思っています。

改めて、記事のポイントを振り返っておきます。

結論:あなたが何を求めるか?でオススメは変わる
→個人的には、ブログ運営とwebライターを両方やることを推奨。

とはいえ、「いきなり両方は…」「そんなに時間とれないよ」という方もいらっしゃると思います。
その場合は、以下の基準で考えてみてください。

★ブログ運営がオススメな人
・すぐに収入を得られなくても良い
・自分が好きなテーマで記事を書きたい
・将来的には月100万円以上の収入を目指したい
★webライターがオススメな人
・すぐに収入が欲しい
・記事内容は指定されている方が良い
・月100万円以上は求めないので安定して稼ぎたい

この記事を参考に、あなたに合った仕事スタイルをぜひ見つけてくださいね!

▼関連記事(ブログにもライターにも使えます!)
webライティングのコツ20選!読みやすい文章を短時間で書くテクニック

スポンサーリンク

ほっしー

IT企業のwebマーケ担当。年間100本以上のメディア記事を監修。副業webライター兼ブロガー。海を愛する神奈川在住の30代(1児のパパ)。

-ブログ運営

© 2021 ほしブログ