アイキャッチ

webライティング

【あなたは知ってる?】ブログ記事の改行・段落のルールとは

スポンサーリンク

ブログを書いているとき、改行・段落を意識していますか?

多くの方は「自分の感覚」で記事を書き進めることが多いのではないでしょうか。

 

webライティングの記事はコンテンツが第一ですが、視認性(読みやすさ)も大切です。

そして、読みやすさを向上させるために「改行・段落」が大きな役割を持っているわけですね。

 

本記事では、ブログ記事における「改行・段落」の使い方をご紹介します。

実践することで、あなたの記事をさらに読みやすく変身させることができますよ!

 

ほっしー
サラッと読める内容です!

 

「改行・段落」に明確なルールはない

なぜ

結論からお伝えします。

改行・段落には、100%正解!という決められたルールは存在しません。

あ、このあと具体的に説明するので、ここでブラウザバックしないでくださいね(泣)。

 

そもそも、改行・段落を使う理由は「記事を読みやすくするため」です。

小説、評論文、個人ブログなど、媒体や読者が違えば、当然「読みやすい」という感覚も違うわけですね。

 

つまり、「このルール通りにやるべき」という明確なものは存在せず、自分なりの正解を見つける必要があるんですね。

とはいえ、この記事を見ているあなたは「それがわからないんだろうが!」という感じですよね(汗)

 

はい、次章以降でコツをご紹介していきます。

 

ここまでのポイント

  • 改行・段落に明確なルールはない
  • 改行・段落の目的は「記事を読みやすくする」こと
  • 自分なりの正解(マイルール)を決める必要がある

 

「改行・段落」で文章を読みやすくするコツ

ブログ

パッと見の視認性をチェックする

ブログ記事の場合、「パッと見の視認性」は大切です。

具体的に言うと、文章を読み始める前の「見やすそう / 見にくそう」という感覚ですね。

 

視認性が何で決まるかと言うと、ズバリ改行・段落です。

 

例えば、改行・段落をまったく使わない場合、どのような文章になりますか?

PC・スマホの画面が黒い文字に埋め尽くされるイメージですよね。

これでは内容以前に「読みにくそうだからやめとこう・・・」となるわけです。

 

一方、すべての文章に改行・段落を入れたらどうなるでしょうか?

白い部分が多く露出することになり、稚拙なイメージを与えるリスクがあります。

 

このように改行・段落は、記事の視認性(読みやすさ)に大きく影響します。

客観的にチェックして、ちょうど良いバランスを見つけましょう。

 

意味のかたまりごとに使う

改行・段落は、文章を意味ごとに区切るときにも有効です。

わかりやすいように例を挙げてみます。

 

「今日は憂鬱だ。なぜなら大切なプレゼンが控えているから。」

上記の場合、改行は必要ありませんね。

文章が繋がっており、2つで文脈全体の意味を構成しているからです。

 

では、以下の場合はどうでしょうか?

 

「今日は憂鬱だ。話は変わるが〜。」

この場合、改行を入れるべきですよね。

前後の文章が繋がっておらず、新しい文脈が始まっているからです。

 

このように意味で区切りながら、改行・段落を意識すると文章が読みやすくなります。

ちなみに改行と段落の違いについては、以下のイメージで覚えておけばOKです。

 

  • 改行:読みやすくするために行を変えるときに使う
  • 段落:文章のメッセージが変わるときに使う

 

ここまで読んでも、モヤっとしている方も多いかもしれません。

そこで次章では、僕なりの「マイルール」をご紹介します。

 

改行・段落の使い方のポイント

  • 多すぎると読みにくい印象を与える
  • 少なすぎると稚拙な印象を与える
  • 意味のかたまりごとに使うと効果的

 

迷う人はこのルールでやってみよう!

理由

本章では、僕の「改行・段落のマイルール」をご紹介します。

改行・段落の使い方を迷っている場合は、ぜひ参考にしてくださいね。

 

ほっしー流「改行ルール」

「。」を打つごとにすべて改行します。

理由は、最近のトレンドはスマホファーストだからです。

 

PCで閲覧する場合は、頻繁に改行する必要はないですが、スマホだとそうはいきません。

あっという間に画面が黒い文字で埋め尽くされてしまうんですよね。

 

読者がスマホで閲覧する前提で考えた場合、「。」ごとに改行するくらいでちょうど良いです。

 

ほっしー流「段落ルール」

「文脈(意味)が変わる」または「2回改行」したら、段落を変えます。

文脈(意味)ごとに段落を変える理由は、前章でご説明した通りです。

 

2回改行で段落を変える理由は、黒(文字)と白(余白)のバランスが良くなるからです。

ただ、個人の価値観なので、ご自身の感覚で柔軟に変えてくださいね。

文脈全体の流れを考慮して、2回改行しても段落を変えない場合もあります。

 

ほっしー流マイルール

  • 改行:「。」を打つごとにすべて改行する
  • 段落:「文脈(意味)が変わる」または「2回改行」したら段落を変える

 

スマホ画面のチェックはPCでできる!

ライティング

記事の本流とはズレますが、スマホ視点でのチェックは大切です。

PCで読みやすい記事でもスマホで見るとガタガタ、というのは良くある話。

 

あなたは記事を作り終えてから、スマホでチェックしていませんか?

そして、スマホでそのまま記事をリライトしていませんか?

 

それ、非効率だからやめましょう。

WindowsにもMacにも「スマホ表示」という機能があります。

 

Windowsコマンド

[Ctrl]+[Shift]+[I(アイ)]

Macコマンド

[Command]+[Alt]+[I(アイ)]

注意点

  • スマホ表示の機能は『Google Chrome』の利用が前提です

 

スマホ表示の機能を使うと、以下のようにPCでスマホ画面をチェックできます。

リライト作業は、スマホよりもPCの方が効率的ですからね。

キャプチャ

 

▼他にもライティングに役立つ機能を紹介しています!

アイキャッチ
webライティングの時短テクニック5選!おすすめツールもご紹介

最近では、ブロガーやwebライターとして活動する人が増えてきましたね。 どちらもwebライティングが必須スキルになりますが、以下のような課題をお持ちの方も多いのではないでしょうか?   記事 ...

続きを見る

自分なりのルールで読者目線の記事を!

まとめ

本記事では、改行・段落に関するルールをご紹介しました。

結論、100%の正解はなく、自分なりのルールを見つけて実践するしかありません。

 

ただし、文章を読みやすくする改行・段落のバランスは確かに存在します。

たくさん記事を書き、読者目線でチェックして、あなたの正解を見つけてくださいね。

 

ブログで大切なのは「読者の役に立つこと / 読者が読みやすい記事を書くこと」です。

その意識を持って、改行・段落を改めて見直してみませんか?

スポンサーリンク

ほっしー

IT企業のwebマーケ担当。年間100本以上のメディア記事を監修。副業webライター兼ブロガー。海を愛する神奈川在住の30代(1児のパパ)。

-webライティング

© 2021 ほしブログ