アイキャッチ

ブログ運営

【誰でもできます】魅力的なブログのリード文の書き方とは?

スポンサーリンク

ブログにおけるリード文はとても大切です。なぜなら、読者があなたのブログを読んでくれるかどうかは、すべてリード文で決まるからです。

あなたがリード文を作るとき、こんな風に作っていませんか?

 

  • 何も考えずにリード文を書き始めている
  • 記事全体の要約をすれば良いと思っている
  • 書くべき内容がわからずに長い時間を費やしている

 

当てはまるものがある場合は、今すぐにリード文の書き方を見直しましょう。ブログはリード文がしっかりしていないと、読者に記事を読んでもらうことはできません。

魅力的なブログリード文の書き方には『あるコツ』があります。本記事では、ブログにおけるリード文の重要性魅力的なブログリード文の書き方をご紹介します。

 

決められたルールを守るだけで、あなたのブログは魅力度を増し、多くの人が記事を読んでくれるようになります。

IT企業のwebマーケ担当として、年間100本以上のメディア記事を監修する筆者が、わかりやすく解説します。

ほっしー
誰にでもできる簡単な内容です!

ブログにおけるリード文の重要性

重要

基本的に読者は記事を読まない

はじめに覚えてほしいことは、webライティングにおいて『読者は記事を読まない』という事実です。これは、通常ライティングとwebライティングの違いに起因するものです。2つの定義は、以下のようにイメージしてください。

 

通常ライティング・・・新聞、雑誌、書籍などに掲載する文章を書く。
webライティング・・・ブログ、メディアなどに掲載する文章を書く。

 

通常ライティングの場合、コンテンツに興味を持っている人が媒体を手に取りますよね?新聞も雑誌も書籍も、これらはすべて消費者の意志で読んだり、購入したりするものです。

一方、webライティングの場合は、読者がコンテンツに興味があるかどうかはわかりません。Google検索で偶然ヒットしただけかもしれませんよね?そして「この記事は違うな」と思われれば、一瞬で記事から離脱してしまいます。

 

ほっしー
違うなと思ったらすぐにブラウザバック。あなたも経験ありませんか?

 

つまりwebライティングでは、大前提として『読者は記事を読まない』という意識を持っておく必要があります。この意識があるかないかで、記事の完成度は大きく変わりますよ。

 

リード文は記事の第一印象を決める

「読者は記事を読まない」という大前提を理解した上で、ブログリード文の重要性を考えてみましょう。以前、僕はTwitterで以下のような投稿をしました。

 

 

読者があなたのブログ記事に訪れたとき、最初に読むのはリード文ですよね。つまり、リード文はあなたの記事の第一印象を決める役割を持っているんですね。

いかに本文が素晴らしい記事だったとしても、リード文が悪ければ、読者はすぐにブログから離脱します。なぜなら、webページの読者は『記事を読まない』というスタンスが根本にあるからです。

 

ほっしー
記事を読んでもらうためにはリード文を工夫すべき!

 

先を読みたくなるような文章を考える

では、魅力的なリード文とはどのようなものでしょうか?ズバリそれは、『読者が先を読みたくなるような文章』です。当然と感じるかもしれませんが、意外とできていない方が多いのも事実です。

ブログ記事の読者は、何らかの目的を持ってあなたの記事に訪れています。例えば、以下のようなものが挙げられます。

 

  • 子育ての悩みを解決したい
  • 新型PCの詳しい情報を知りたい
  • 最近はどんなアイドルが人気なんだろう

 

つまり、冒頭のリード文で読者の悩みに対して共感を与えたり、記事を読むことで得られるベネフィットを伝えることで、読者の気持ちは初めて動くわけですね。

 

読者
おっ!知りたいことが書いてある。この記事を読んでみるか。

 

 

以上、ブログにおけるリード文の重要性をご理解いただけましたか?以下、大切なポイントをまとめておきます。

 

  • 記事は読まれない前提で文章を書くこと
  • リード文は記事の第一印象を決めるもの
  • 読者が先を読みたくなるリード文が理想

 

次章では、『読者の心を動かすための魅力的なリード文の書き方』をご説明します。

 

魅力的なブログリード文の書き方

書き方

魅力的なブログのリード文を書くためには、以下5つの要素を入れましょう。

 

  1. 読者の悩み(課題)
  2. 具体的なコンテンツ
  3. 記事を読むことで得られるベネフィット
  4. 権威性・信憑性を与える事実
  5. お悩み解決のハードルを下げる

 

本記事のリード文を例にとり、ひとつずつ詳しく解説していきます。

 

読者の悩み(課題)

『読者の悩み(課題)』の該当箇所は以下の赤枠部です。

 

読者の悩み

 

ブログ記事にたどり着いた読者は、何かしらの悩みや知りたい情報を抱えています。冒頭で悩みをビシッと指摘できれば、記事が読まれる可能性は大きく高まります。

そのため、事前にペルソナ設定を行ない、あなたのブログはどのような方を対象に書いているのか?を明確にしておきましょう。

 

具体的なコンテンツ

『具体的なコンテンツ』の該当箇所は以下の赤枠部です。

 

具体的なコンテンツ

 

ブログの読者が記事を最初から最後まで読んでくれることはあり得ません。そのため、記事全文を読まなければ中身がわからない記事は明確にNGです。

冒頭のリード文で記事内容を端的に示し、読者に対してコンテンツをイメージさせることが大切です。

 

記事を読むことで得られるベネフィット

『記事を読むことで得られるベネフィット』の該当箇所は以下の赤枠部です。

 

読むことで得られるベネフィット

 

読者は悩みを解決した上で『より良い状態になりたい』と考えています。そのため、記事を読むことでどのようなベネフィット(恩恵)があるのか?を示してあげましょう。

記事内容の説明だけでは、読者の心には響きません。記事を読んだあとの、未来の明るい自分をイメージさせることが大切です。

 

▼ベネフィットの詳細は、別記事で詳しく解説しています。

アイキャッチ
ベネフィットとメリットの違いとは?(似ているようで違います)

『ベネフィット』という言葉をご存知ですか?聞いたことはあっても、正しい意味を説明できる人は少ないのではないでしょうか。 ベネフィットは、一般的にマーケティングの世界で使われている用語です。似た言葉に『 ...

続きを見る

 

権威性・信憑性を与える事実

『権威性・信憑性を与える事実』の該当箇所は以下の赤枠部です。

 

権威性・信憑性を与える事実

 

情報の価値というものは、『わかりやすい、具体的である』といった中身が大切ですが、同時に『誰が発信しているのか?』も重要なポイントになります。

例えば、あなたが病気の治療法を調べたいときに、一般人と医者が異なる意見を言っていました。明らかに医者の意見を信じたくなりますよね?これは『医師免許』という強力な信憑性が大きく作用しているわけですね。

 

他にも、いくつか例を挙げておきます。

  • 生花ブログ :フラワーアレンジメントの資格を保有
  • ゲームブログ:〇〇のゲームで全国大会に出場経験あり
  • 芸能ブログ :元テレビ局の報道キャスター

 

このように、権威性・信憑性を高める事実があれば、積極的にリード文に取り入れていきましょう。ただし、公開できる事実がなければ、無理して考える必要はありません嘘をつくことは絶対にダメですよ。

 

お悩み解決のハードルを下げる

『お悩み解決のハードルを下げる』の該当箇所は以下の赤枠部です。

 

ハードルを下げる

 

人間は誰でも、難しいことは避けたいと感じる傾向にあります。そのため、前向きに記事を読んでもらうために「これなら自分にもできるかもしれない」と勇気付けてあげることが大切です。

 

記事内容によって異なりますが、以下のようなフレーズが一般的に使われます。

  • スキル・ノウハウ系:誰でもできる、今すぐできる、5分で完了...etc
  • 物販・サービス系 :登録無料、月々○○円のみ、50%OFFセール中...etc

 

リード文で読者が前向きな気持ちになれば、あなたの記事が読まれる可能性は大きく高まります

 

まとめ

まとめ

本記事では、ブログにおけるリード文の重要性魅力的なブログリード文の書き方をご紹介しました。改めて、ポイントをまとめておきます。

 

まずはブログにおけるリード文の重要性を理解しましょう。

 

  • ブログ読者は記事を読もうというスタンスがない
  • だからこそ、記事の第一印象であるリード文が大切
  • 読者が先を読みたくなるようなリード文を考えること

 

そして、読者が先を読みたくなるリード文には、5つの要素が必要です。

 

  1. 読者の悩み(課題)
  2. 具体的なコンテンツ
  3. 記事を読むことで得られるベネフィット
  4. 権威性・信憑性を与える事実
  5. お悩み解決のハードルを下げる

 

特に『1〜3』に関しては、すべての記事に必ず盛り込むようにしてください。『4』と『5』も重要ですが、無理して追加する必要はありません。

 

リード文はあなたの記事の第一印象です。ブログ記事が読まれるかどうかは、リード文で決まるといっても過言ではありません。

だからこそ、正しいルールに沿って、必要な要素を盛り込み、読者の心に響くリード文を書けるように意識してくださいね。本記事の内容を実践することで、多くの読者があなたの記事に注目してくれるはずですよ!

 

▼こちらの記事も参考に!

アイキャッチ
『読みたくなる記事タイトル』付け方のコツ12選(フレーズ例つき)

記事のタイトルって悩みませんか?どんなタイトルを付ければ良いのか、難しいところですよね。 僕もwebライティングを始めた当初は、こんな悩みを抱えていました。↓↓   記事を開いてもらえない ...

続きを見る

 

▼オススメ商品案内

スポンサーリンク

ほっしー

IT企業のwebマーケ担当。年間100本以上のメディア記事を監修。副業webライター兼ブロガー。海を愛する神奈川在住の30代(1児のパパ)。

-ブログ運営

© 2021 ほしブログ