アイキャッチ

webライティング

ベネフィットとメリットの違いとは?(似ているようで違います)

スポンサーリンク

『ベネフィット』という言葉をご存知ですか?聞いたことはあっても、正しい意味を説明できる人は少ないのではないでしょうか。

ベネフィットは、一般的にマーケティングの世界で使われている用語です。似た言葉に『メリット』がありますよね。ただ、実はベネフィットとメリットは、まったく異なる意味を持った言葉です。

本記事では、『ベネフィット』と『メリット』の違いをわかりやすくご説明します。この記事を読むことで、ライティングスキルが向上し、読者の心に響く記事を書けるようになります。

★記事を読んで欲しい人
・ブログを運営している
・webライターとして活動している
・マーケティングの知識を付けたい
・読者の心に響く記事を書けるようになりたい

ベネフィットとメリットの違い

クエスチョン

ベネフィット(Benefit)メリット(Merit)の意味は、以下の通りです。

ベネフィット:商品やサービスによって受けられる利益・体験
メリット  :商品やサービスの利点・特徴

 

パッと見た感じ、似ているように思えますが、本質的には完全に別のものです。わかりやすく、例を挙げてみましょう。例えば、こんな時計があるとします。

メリット

この紹介文は『ベネフィット or メリット』、どちらだと思いますか?

 

答えはメリットです。特殊電波や防水加工は、あくまで、時計の特徴を表していますよね?

 

ベネフィットを表現した場合、以下のようになります。

ベネフィット

メリットとの違いがわかりましたか?ベネフィットは、時計が持つ特徴によって、あなたが得られる利益・体験を具体的に書いていますよね。

 

つまり、メリットの延長線上にあるものがベネフィットです。商品・サービスの特徴で終わらせるのではなく、『○○の特徴があるから××だ』と、具体的に得られるものを示してあげるのです。

 

★ベネフィットとメリットの違い
・ベネフィットは『商品やサービスによって受けられる利益・体験』
・メリットは『商品やサービスの特徴』
・ベネフィットはメリットの延長線上にあるもの
ベネフィットとメリットの違いをご理解いただけましたか?webライティングの世界では、メリットではなく、ベネフィットを意識して文章を書くことが求められます。

webライティングはベネフィットが重要

webライティング

メリットは商品説明でしかない

記事を書いているとき、メリットだけを並べてしまう人は多いのではないでしょうか。もちろん、何かを紹介するなら、メリットの記載は必要になります。

ただ、メリットを書くだけでは、単なる商品説明で終わってしまいます。

  • 100倍の望遠機能を搭載したビデオカメラ!
  • 従来の5倍の葉酸を配合したサプリメント!
  • 特許取得のゴム素材を使ったランニングシューズ!

はい、確かに良さそうに聞こえますよね。では、このキャッチフレーズだけで、あなたは買いたいと思いますか?

多くの人は『No』と答えるはずです。機能や特徴を説明されただけでは「なんとなく良さそうだな」という気持ちになるだけで、そのあとの購買には繋がりません。

ベネフィットで読者の心は動く

人の心を動かすためには、ベネフィットを示してあげる必要があります。商品の特徴を説明した上で、「だから、こんな良いことがあるよ」と、具体的に得られるものを読者にイメージさせます。

 

・100倍の望遠機能を搭載したビデオカメラ!
→だから、50メートル先から子供をアップで撮影できます。
・従来の5倍の葉酸を配合したサプリメント!
→だから、飲む頻度は『1週間に1回』でOKです。
・特許取得のゴム素材を使ったランニングシューズ!
→だから、フルマラソンを走っても足が疲れません。

 

いかがでしょうか。単にメリット(特徴・機能)を並べるよりも、ベネフィットが明記してあった方が、商品に魅力を感じませんか?

webライティングは、文章の力だけで読者を惹きつける必要があります。そのためには、読者の目線に立って、わかりやすいベネフィットをイメージさせることが大切です。

メリットを説明するときは、必ずセットでベネフィットを示すように意識してくださいね。

 

★webライティングはベネフィットが重要
・メリットはただの商品説明にすぎない
・ベネフィットを示すことで読者の心は動く
・メリットを説明するならベネフィットも示すこと

ここで記事を終わらせても良いのですが、もう少しだけ深掘りしたいと思います。さいごに、ベネフィットを有効活用するための方法をご説明します。

ベネフィットを示すためにペルソナ設定を

クエスチョン

ペルソナとは?

ブログやwebライティングをしている人なら、『ペルソナ』という言葉を聞いたことがあると思います。では、ペルソナの意味を正しく説明できますか?

ペルソナとは、狙うべきターゲットを具体化した架空の人物です。本記事では、ペルソナの詳細は割愛しますが、上記のイメージで捉えていただければ結構です。

▼ペルソナを詳しく知りたい方はこちら!
ペルソナとは何か?ビジネスにおける重要性と使い方を解説!

 

webライティング関連のブログや書籍には、必ずと言っていいほど『ペルソナが大切』と書かれています。ただ、『なぜ大切なのか?』を説明しているものは少ないので、この記事で解説していきます。

ペルソナ次第でベネフィットは変化する

webライティングでペルソナが重要視される理由は、ペルソナ次第でベネフィットは変化するからです。記事前半でお見せした、腕時計を思い出してください。

ベネフィット

画像内の『防水加工』に注目してください。『プールで外す必要がない』と記載しています。でも、プールに行かない人にとっては、ベネフィットにならないですよね?そもそも、プールに行く機会がなければ、このキーワードは響かないでしょう。

つまり、同じメリット(特徴・機能)だとしても、ペルソナ設定次第でベネフィットは変わる、ということです。いくつか、例を挙げてみましょう。

ペルソナ ベネフィット
水泳教室に通っている人 プールに入るときも外す必要がない
工事現場で働いている人 急に大雨が降ってきても壊れる心配がない
飲食店舗で働いている人 時計をつけたまま食器洗いをすることができる

このように、設定したペルソナ次第で、記載すべきベネフィットは変化します。逆に言えば、読者がベネフィットに魅力を感じてもらうために、ペルソナ設定を慎重に行なう必要がある、ということです。

だからこそ、webライティングの世界では『ペルソナ設定が大切』と言われているんですね。読者を具体的にイメージできていれば、読者目線に立った魅力的なベネフィットを提供できる、ということです。

記事を書く前に、あなたは誰に向けて記事を書いているのか?を、明確にしてくださいね。

 

★ペルソナ設定の重要性
・ペルソナは『狙うべきターゲットを具体化した架空の人物』
・ベネフィットはペルソナ設定次第で変化するもの
・誰に向けて書いているのか?を強く意識すること

まとめ

まとめ

ベネフィットとメリットの違いをご理解いただけましたか?この2つは、似ているようでまったく異なる意味を持っています。

★ベネフィットとメリットの違い
・ベネフィットは『商品やサービスによって受けられる利益・体験』
・メリットは『商品やサービスの特徴』
・ベネフィットはメリットの延長線上にあるもの

 

そして、webライティングで意識すべきはベネフィットです。メリットを並べても、読者には響きません。ベネフィットを示すことで、初めて読者の心を動かすことができます。

★webライティングはベネフィットが重要
・メリットはただの商品説明にすぎない
・ベネフィットを示すことで読者の心は動く
・メリットを説明するならベネフィットも示すこと

 

ベネフィットを効果的に示すためには、ペルソナ設定が欠かせません。読者を具体的にイメージして、ペルソナに合わせたベネフィットを提供することが大切です。

★ペルソナ設定の重要性
・ペルソナは『狙うべきターゲットを具体化した架空の人物』
・ベネフィットはペルソナ設定次第で変化するもの
・誰に向けて書いているのか?を強く意識すること

 

webライティングの目的は『読者に行動を起こさせること』です。そのためには、読者の心を動かすためのベネフィットを示してあげる必要があります。

今まで、メリットばかりを並べていた人は要注意です。本記事を参考にして、ペルソナを意識したベネフィットを記事に盛り込んでみてください。

ベネフィットを意識することで、読者の満足度は間違いなく向上しますし、あなたの記事で心を動かされた読者が、一歩先の行動に踏み出してくれるはずですよ!

 

▼こちらの記事も参考に!
webライティングのコツ20選!読みやすい文章を短時間で書くテクニック

スポンサーリンク

ほっしー

IT企業のwebマーケ担当。年間100本以上のメディア記事を監修。副業webライター兼ブロガー。海を愛する神奈川在住の30代(1児のパパ)。

-webライティング

© 2021 ほしブログ